■どこのサイトを選べばいいのか

出会い系サイトを使ってみようと思ったとき、まず最初に立ちはだかる壁がどこのサイトに登録するかということです。

雑誌の広告や看板広告やインターネットの広告など、いろいろな優良サイトの調べ方がありますが、結局情報量が多すぎてどこのサイトがいいのかわからないですよね。

そこで当サイトでは、本当に出会いやすくて優良な出会い系サイトの選び方を徹底的に解説しています。

以下にサイト選びのテクニックを解説しているので、参考にすれば、本当に自分に合ったサイトに出会えると思います。

●選び方を心得ておく

出会い系サイトには選び方がありますが、選び方を覚えておかないと詐欺サイトのようなところへ登録してしまいがちです。

出会い系サイトは一概にサービスがいいところに登録すればいいというものではありません。

出会い系サイトにはちょっとコツを覚えればすぐに出会うことができる本当に優良なサイトと、何をしても全く出会えないサイトの二つに分けられます。

一つ目のサイトは本当に優良なサイトと呼ばれるようなサイトで、ほとんどがポイント制のサイトです。

後者のサイトは完全に出会いなんて全く考えておらず、そもそも女性の利用者がいないワンクリック詐欺などをおこなっているサイトです。

こういった悪質サイトにはそもそも女性が登録していないのでサクラばかりで他の無料サイトなどに誘導してきます。

もし本当に異性と出会いたいと切実に願っているのであれば、後者のような女の子がいない悪質サイトに登録しないように注意しなければいけません。

そのために出会い系サイトの真贋を見極める目を身につけなければいけません。

●会員数が多いサイト

知名度や会員数の多さは出会い系サイトの選び方で最も重要といってもいい要素です。

会員数や知名度が多い老舗の大手サイトであれば女性の登録者数も必然的に多くなっているので、それだけ出会いのチャンスがあるということです。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは女性の会員数が多いことに比例して、出会いやすいことにつながります。

ちなみに、どれくらいの会員数を基準にすればいいのかというと、累計の登録者数が300万人以上の出会い系サイトに登録すれば出会いやすさはトップクラスだと思います。

300万人以上という会員数は今までの合計の登録者数で常にこれだけの利用者がログインしているわけではありませんが、一日のログイン者数は3000人くらいはいることでしょう。

他には会員数や知名度の他に優良サイトを見極める方法として健全運営されているかもチェックしましょう。

運営実績の基準としては10年以上もあれば、これだけの数の出会い系サイトが出現しては消えていく中で、圧倒的な実績といえるでしょう。

運営実績がある老舗の出会い系サイトは24時間のサポート耐性が完備されているので、安心して利用できるサイトが多いです。

運営実績が10年以上もあるサイトというのは、それだけきちんとしたサイトだと言うことです。

●特定商取引方が書いてあるかどうか

何らかの商売をインターネット上で行うときは特商法の記述が法律で定められています。

出会い系サイトというものも異性紹介業という商売ですから、届け出を出してから運営をしなければなりません。

逆に言うならば、特商法の記載がないサイトというのは違法に運営されていると言うことになります。

インターネットで何らかの契約を結ぶときはトラブルが生じやすいので、事業者は消費者に特商法に基づきサービス内容を詳しく解説しなければなりません。

特商法に照らし合わせて考えてみると、ワンクリック詐欺というのは、消費者に対してサービス内容を提示せずに契約しているから無効ということになるのです。

金銭が発生することを別のページで表示しても、わかりやすく消費者に見せる必要があるので、契約無効になります。

それから会社概要についてですが、出会い系サイトを運営するためには会社名や住所や電話番号などの記載もしなければなりません。

住所は何丁目何番地まで記載しなければいけませんが、悪質サイトの場合はそもそも会社情報のページ刷らないことが多いでしょう。

もしくは会社概要が記載されていても、会社名が適当だったり、住所が適当だったり、レンタル事務所などのことが多いです。

悪質サイトの住所をグーグルマップなどで調べてみると、会社があるような場所ではないというようなこともよくあります。

悪質サイトはそもそも特商法などの記述がないので、そういうさいとには登録しないようにしましょう。

もちろん優良の大手の出会い系サイトは特商法が明確に記載されているので、安心して利用することができます。

●利用規約は会社の義務

利用規約が書いてあるかどうかと言うのは健全な会社かどうかを判断する上でとても大切な要素です。

なので、利用規約の表示がなかったり、隠されていたりするサイトは悪質サイトや詐欺サイトの可能性があるので利用するのを辞めておきましょう。

出会い系サイトやマッチングアプリなどに限った話ではありませんが、いろいろなネット上のサービスには利用規約が書かれていますが、ほとんどの人は読むことはしません。

多くの人が利用規約なんて読まないことを知っているので、悪質サイトはこれをうまく利用して利用規約に高額な料金がかかることを書いています。

そして、利用規約にこれだけの料金が発生すると書いてあるだろという寸法で、高額請求をしてくるというわけです。

ワンクリック詐欺などの悪質サイトに引っかからないようにするために利用規約を必ず読むようにしましょう。

●有料サイトの方が安心して使える

インターネットの黎明期であれば、無料サイトでも興味本位で善意で運営されていたサイトがたくさんあったのですが、最近はお金にならないので、悪質サイトばかりになってしまいスパムメールや有料サイトへの誘導で稼ぐようになってしまいました。

無料で出会い系サイトを使えるという広告は魅力的に見えますが、そもそも一般の女の子はそのサイトには登録していないので、出会いようがありませんし、スパムメールなどの嵐がくるようになります。

有料のサイトはお金がかかりますが、その分いくらでも女の子と出会うことができますし、サポートも充実しているので、使いやすいです。

有料サイトでかかる費用は女の子とこれだけで会いやすいので、とてもリーズナブルだと思います。

ですが、かけ離れた高額料金を取るサイトはあまりいいサイトではないので、注意しましょう。

例えば、優良サイトでメッセージを送ると、普通の価格だと50円くらいで高くても70円くらいです。

悪質サイトといわれるようなサイトでメールを送ると200円くらいかかるので、注意が必要です。

そして、そもそもそういう高額請求をしてくるサイトというのは悪質サイトなので、いくらメールを送ってもサクラばかりに送信されるようになって、女の子と会うことは絶対にできません。

そのようなサイトに登録しないためにも先払いで、ポイント制のサイトを使った方がおすすめです。

ちなみに、料金体系についてですが、ポイント制か月額制かどちらに登録して利用しようか迷っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

料金別で使い分けるなら、初心者の人は月額制のサイトがおすすめで、出会い系サイトのノウハウがあるひとは、ポイント制のサイトが使いやすいと思います。

ポイント制のサイトはポイントの分だけしか使えないので、出費をおさえたいひとはポイント制のサイトはおすすめです。

ですが、出会い系サイトを始めたばかりの人が使うと、思ったよりも寄り道をしてしまってポイントを無駄に使ってしまう傾向があるので、余計に費用がかかってしまうかもしれません。

定額制のサイトはメリットばかりかというとそうではありません。定額で使いたい放題ですが、会員数が少なかったりというデメリットもあります。

なので、自分の理想の出会いを見つけるまでに時間がかかりやすいというデメリットもあります。

月額制もポイント制もどちらにもメリットデメリットがありますから、両方使ってみてどっちが使いやすいか試してみましょう。

●姉妹サイトがない

これは無料の出会い系サイトがよくやっている手法ですが、一つのサイトに登録させることにより別のサイトにも同時に登録させる手法です。

そして、別の有料サイトから女性から一日数十件もメールが送られてきます。

もちろん、その女性からのメールはすべてサクラなので返信しても意味がありません。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、利用するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

●年齢確認をしている

出会い系サイトの運営事業者には、利用者の年齢確認が義務づけられています。

なので、登録時に年齢認証をしなければならないサイトは法律をまもっている優良サイトといえるでしょう。逆に年齢確認をしていないサイトは不法サイトなので注意しましょう。

ちなみに、出会い系サイトが年齢認証をしていてもしていなくても、未成年との性交渉は違法行為なのでやめておきましょう。

●比較サイトから選ぶ

もちろん、比較サイトから選んでもある程度本当に優良サイトを選ぶことができます。

なので、もし自分で出会い系サイトを比較したり選んだりするのが面倒だったら、当サイトのランキングを駆使して本当に優良なサイトに登録してください。

ちなみに、簡単に出会えたり、安く出会えたり、無料で出会えたりする優良サイトというのは存在しないといっても過言ではありません。